2013年10月6日日曜日

平成25年度同窓会 総会総括

同窓会総会に参加いただいた会員および役員の皆様、ありがとうございました。
また、都合によりご参加いただけなかった会員の皆様も来年度の総会のご参加をお待ちしております。
会長挨拶

さて、本年度の同窓会総会は
1.昨年度の事業報告および決算報告
2.来年度事業計画案
3.本会の名称について
の3点が議題として挙げられ、無事に承認されました。

本会の名称に関しては
「桃李会」
とすることが決定し、同窓会としての活動がまた一歩前進しました。

 同窓会名発表

「桃李言わざれども下自ずから蹊を成す」
とは、徳ある者の下には何ら特別なことをせずとも自然と人々が集まって服するということ。
桃や李(スモモ)は言葉を発することはないが、美しい花と美味しい実の魅力にひかれて人々が集まり、その下に自然と道ができることを例えた言葉です。

医療従事者として自己研鑚を重ね、技術・知識を身につけていくことが、患者さんを支え、励まし、勇気づける力になるでしょう。
そういうセラピストに人は惹かれ集まってくる、それが「徳」というものではないでしょうか。

本校の法人名、四徳学園の 【 徳 】
学校のある川中島の名産品 【 桃 】

この2つのキーワードから 【 桃李会 】という名称が生まれました。
今後とも、桃李会をよろしくお願いします。



総会のあとは当校の前・作業療法学科長である松房利憲先生より
「作業療法士という仕事」というテーマで講演を頂きました。

松房先生講演

松房先生、貴重な講演をありがとうございました。

前回の金井敏男先生の講演、「プロフェッショナルとしてセラピストに今必要なものは」
今回の松房利憲先生の講演、「作業療法士という仕事」
の2つの講演会の資料を希望される方は、どちらの資料が必要かを記載の上、同窓会事務局までメールを送って下さい。
アドレスは、nrc.dousou@gmail.comです。

同窓会事務局 北村永介